NEWS

Lidoロルバーンができるまで その2

加工先のメーカーさんでの様子です。表紙への加工の最初の段階です。
厚紙と表紙の内側にくる黒い紙が貼られて3層になることで、表紙としての強度が出ます。
次に、大きな1枚の紙から表紙4枚を抜き取る、裁断の工程です。

表紙の右側にくる部分の角が上下とも丸くなっているのは、長く使っても傷みにくいように、という理由からです。

続いて、「Rollbahn」のロゴの箔押しです。
箔の色はリングの色とあわせて、企画のスタッフと一緒にひと柄ずつ指定をしています。

次に、リングの穴あけです。
なんと1枚ずつ手作業。頭が下がります。

ここまでの工程でできあがった表紙が、ロルバーンメンテナンスやカスタマイズワークショップでパーツとして提供されます。
 
この先は製本です。
ワークショップでご覧いただける製本機でリングをかしめて完成です!